浜松湖北高等学校/多目的体育館

設計
株式会社 竹下一級建築士事務所
所在地
静岡県浜松市

Hamamatsu Kohoku Senior High School/Multipurpose Gymnasium

Architects:Takeshita Architects and Associates

県立三校の再編合併で新設された高校の、多目的体育館の計画である。この大空間を従来の様に単に大断面でつくるのではなく、競技に必要な高さ空間を確保した軽やかなアーチ形状とした。 課題は大スパンと屋根に生じるスラスト力を、県内産杉材で成立させることだった。 ライズを高くとった木のアーチ構造で軸力を垂直に伝え、鉄骨で水平力を負担させる。木と鉄骨のハイブリット構造で通常必要なアーチ梁の断面を半分にすることが出来た。きめ細かな木構造が、新しい学校の運動施設として理想的な環境をつくり出した。

敷地面積49,662.87u
建築面積953.58u
延床面積802.64u

撮影:ヴィブラフォト/浅田美浩