特別養護老人ホーム 韮生郷

設計
TK設計
所在地
高知県香美市

Nirogo Special Elderly Nursing Home

Architects:TK Sekkei

地域密着型のユニット型老人ホーム

この施設は、香美市役所による物部地区の4つの敷地より1つを選択し地域密着型のユニット型老人ホームを建設するという公募からスタートした。山々に囲まれ川に面した自然豊かな敷地を選択し事業計画が採択された。KES構法を採用した理由は、木の持つ柔らかさ、暖かさ(特に転倒・衝突等によるケガの防止、歩行感覚、湿度調整機能等)や、構造的にパブリック・サービス部分では大断面の構造梁が必要だが、個室部分では耐力壁がバランス良く確保しやすいため、鉄骨ラーメン構造のような柱の突起も無くなりすっきりとした室内空間が可能となることである。

外観は、蔵風の老舗旅館のような落ち着いた雰囲気で、入居者や利用者に安心感や温かみを与える。また、高知の気候風土に適応した軒の出の深い瓦屋根と外壁保護の水切り瓦小庇を設けシンプルなデザインとした。平面プランは、地域交流開放エリア、管理・サービスエリア、居室ユニットエリアを明確に区分し、動線計画も単純で機能的にして、職員の目が隅々まで行き届くレイアウトとしている。入居者・利用者に安心感を与え十分なサービスを提供できるようなプランを目指した。

敷地面積4,663.67u
建築面積1,036.30u
延床面積1,843.80u
地上2階

1時間耐火建築物