ホーム > 木質耐火部材「COOL WOOD」

COOL WOOD

当社が開発した木質耐火部材は、核となる木材を石こうボードで囲み、外側をさらに木材で覆った特許製品です。低コストで加工しやすいことに加え、外観が木質のため、温もりを生かした建物に仕上げることができます。また燃焼時に石こうボードの発する水蒸気が消火効果を発揮して、荷重がかかる中心部の木材に火が燃え移りません。

木質耐火部材

COOL WOOD(クールウッド)

◎1時間耐火構造仕様(柱・梁)
◎2時間耐火構造仕様(柱・梁・壁)

■加熱中は燃え代層が燃焼し、加熱終了後、
 燃え止まり層で燃焼を停止させる。

― 特 徴 ―
  • 杉材が使える。JAS製材の使用が可能
    (檜、唐松等、集成材、LVL等)
  • 加工の簡便性(流通素材、特殊工具)
  • 木質感(外装材の自由度、内装制限)

木質耐火構造技術

【3重構造】(特許第4359275号)

  1. 内部の「荷重支持部」は木材を使用
  2. 中間部の「燃え止まり層」は石こうボードを使用
  3. 「表面材」は木材を使用

耐火性能試験

2時間耐火性能試験では、試験体に荷重を加えた上1,000℃を超える炉内で2時間燃焼。2時間が経過した後も、試験炉を閉めきったまま6時間残置します。試験開始から合計8時間後に炉を開け、試験体の被膜を剥がし、荷重支持部に炭化痕(焦げ目)がない木肌を確認します。この試験は、火災時、長時間に亘って消火活動ができない状況でも自然に鎮火し、建物が崩壊に至らないことを確認する意味合いがあります。

2時間耐火試験に合格「木造14階建て」可能に

COOL WOOD は国内で初めて、建築基準法に基づく2時間耐火の国土交通大臣認定を取得しています。鉄筋コンクリート造や鉄骨造と同等の耐火性能が認められたことになり、従来の木造の概念を遥かに超える14階建てまでの中高層ビルが木造で可能となりました。

世界最大の木造ホール

●山形県南陽市文化会館

世界最大の木造ホール(1,403席)を有する文化会館。
地元産杉材を活用した“COOL WOOD”(1時間仕様)が採用されています。
【建築概要】
敷地面積:23,138.00u
建築面積:5,564.31u
延床面積:5,900.98u
階数:地下1階、地上3階
最大スパン:28m
最高高さ:24.51m

◆ギネス世界記録「最大の木造コンサートホール」認定
◆平成26年度 全建賞 建築部門受賞
◆平成27年度 木材利用優良施設 林野庁長官賞受賞
◆ウッドデザイン賞2015 受賞

公式HPはこちら